メンズエンジニアブーツのブランドや手入れ情報をつづるブログ
レッドウィングのエンジニアブーツ
レッドウィングのエンジニアブーツというとメンズのエンジニアブーツの中でも人気ですよね〜レッドウィングのエンジニアブーツの特徴はシャープなシルエットでヒールはアーチを描いていて、光沢のある革ではないでしょうか??あとはお手入れ用品も充実しているので初心者の人にも買いやすいエンジニアブーツだと思います。 レッドウィングのエンジニアブーツの原型は2268 もともと安全靴として作られたので、シンプルなデザインのエンジニアブーツ。 とてもコーディネイトしやすいのが特徴。 エンジニアブーツのショートタイプの代表。 レッドウィングのラインマンブーツRW2913 アメリカのライフラインを支えた電線工 (ラインマン)用のブーツで、Dワイズで シェイプされたウエストの新ラストを採用し、 今までのワークブーツよりも細身でスタイ リッシュなフォルムに見せているのが特徴。 レッドウィングの2006年新作、 エンジニアブーツのトラクショントレッドソールバージョンRW2971。 定番のエンジニアブーツのデザインに、 レッドウィング伝統のトラクショントレッドソール(ホワイトソール) を組み合わせて、よりカジュアルな雰囲気に仕上がっているのが特徴。 ジャンクフード 特定商取引法に基づく表記 決済・配送納期について 返品について 販売者概要
 2008/06/18 13:52
| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(-) |
エンジニアブーツの手入れと履きこなし方
エンジニアブーツは、皮製品であるためカビやブーツのひび割れなどが、手入れしだいででてきてしまいます。ブーツの中はにおいもこもるので、一番簡単なエンジニアブーツの手入れだと、布団を干すのと同じ感じで、日光にあてることで、殺菌されブーツの中のカビやにおいは防ぐことができます。カビの原因は湿気なのでなるべくエンジニアブーツを保管する場合は湿気がすくないところをオススメします。エンジニアブーツは適度に干すことだけで大丈夫だと思いますが、エンジニアブーツが濡れてしまった場合なども、ドライアーなどの極度な熱で乾かさず、洗濯物や布団と同様に必ず太陽のしたで乾かしてください。
エンジニアブーツを履きこなすには、手入れも重要ですが、最初のうちは適度に履くことです。エンジニアブーツは最初は皮が硬く履きにくいし脱ぎにくいし、自分の足に合うまでは痛かったりしますが、めんどうになって履かないでいるとエンジニアブーツの皮は、なじみません。自分の足になじむころには、エンジニアブーツの色合いなどに味がでてきます。エンジニアブーツは丈夫な性質なので、10年以上履き続けることができるので、適度に履くこととブーツの手入れで、自分らしさがでたエンジニアブーツにすることができます。

フィリエッタ

レスポポーチ

ディオールサングラス
 2008/06/13 21:02
| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(-) |
エンジニアブーツのブランド
エンジニアブーツのブランドはいろいろとあります。有名なところで言うとレッドウィングやチワペ、ゴリラ、ウエスコなどさまざまなブランドがでていますが、オススメはレッドウィングです。なんといってもレッドウィングは、エンジニアブーツ専用のメンテナンス用品が揃っていて、エンジニアブーツの手入れをするのにはかなり役立ちます。価格もエンジニアブーツのブランドの中では、ちょうど真ん中ぐらいで、長年愛用するにはとっておきのブランドだとレッドウィングは思います。
チワペなどもエンジニアブーツのブランドとしてかなり有名です。アウトドアブームの時にチワペのエンジニアブーツが話題になり、創業100年のワークブーツブランドからエンジニアブーツも世界的に広まりました。ゴリラのエンジニアブーツはごく最近になって有名になりましたが、エンジニアブーツをファッションアイテムとしての火付けやくだと思います。テレビなどで芸能人がゴリラのエンジニアブーツを着用したことからゴリラが有名になったみたいです。ウエスコのエンジニアブーツは価格的には最高級のエンジニアブーツになります。ウエスコのエンジニアブーツは国内の定価価格だと9万近くします。ただたんに価格が高いだけではなく、エンジニアブーツの中でもかなりタフで丈夫なエンジニアブーツといわれていて、作業者やバイクを乗る人にとってはこのウエスコのエンジニアブーツは、愛されています。

エルメス
ゴルフシューズ
ジャンクフード
 2008/06/10 11:40
| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(-) |
エンジニアブーツの歴史
最近は男もブーツを履く時代になり、エンジニアブーツがかなり人気みたいです。エンジニアブーツのイメージはバイク野郎が強い感じがしますが、エンジニアブーツが作られたもとは、作業をする人に足元をより安全するために作られたのが、このエンジニアブーツ。
エンジニアブーツ安全靴といわれて、衝撃などに強いのが特徴でもあります。ファッションとしてエンジニアブーツが履かれるようになったのは、芸能人などがテレビで履いていたり、ファッション雑誌にも多く掲載されエンジニアブーツは作業者が使う安全な靴からファッションのアイテムの一部として、今のエンジニアブーツがあります。
エンジニアブーツはファッション性として履くには、ある程度の知識が必要です。なんといっても元は作業靴なので、特に初心者にとっては気軽におしゃれで履くには、いろんな問題があります。まずは足を衝撃などからエンジニアブーツは守るので、ブーツの皮が頑丈なため硬いです。エンジニアブーツを履く時はなかなか足がはまらず痛いし、またブーツを脱ぐときもなかなか脱げず、これまた痛いです。
エンジンニアブーツを選ぶ際には、普段履いている靴のサイズより少し多きめの方が履きやすいと言われていますが、それでもブーツの皮自体がなじむまでは、脱ぎ履きには痛いです。エンジニアブーツにはロングやショートといったブーツの長さやさまざまなブランドがあり、自分にあったエンジニアブーツをいろいろと試し履きしてみるのもオススメです。

レッドウィング

ポリス

ディオール財布

 2008/06/08 20:58
| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(-) |
| ホーム|